一人暮らし 引越し 費用

居住地にしたくない土地の特徴(一人暮らしの人対象)

 

居住地に向いていない特徴

 

交通が不便な所

 

居住地にしたくない土地の特徴(一人暮らしの人対象)

 

一人暮らしで色々転々としたが、交通が不便か否かはかなり重要だと実感した。

 

引越し費用がかかってもいいから、そうでない所へ行くべき。

 

特急の停車駅ではないので、乗り換えが必要。

 

商店街はよくまとまっているが、各店舗の中が狭いことが多い。

 

チェーン店があるのは評価できるが、品揃えが少ない店がある。

 

また路地も狭く混雑している時間帯は歩くのに時間がかかる時がある。

 

最近まであった無印が閉店したので利便性が若干落ちてしまった。

 

商店街とは反対側の開発が進んでおらず、そちら側には飲食店が少ない。

 

甲州街道があるため、その区域に住んでいると常に甲州街道を横切ることになり朝など信号待ちが発生して不便である。

 

都心部などは観光で行くなら良いけど住みたくない

 

居住地にしたくない土地の特徴(一人暮らしの人対象)

 

寂れて犯罪の多い場所や、常に人に溢れているような場所、建物だらけで自然のない場所には住みたくないです。

 

東京の都心部などは、仕事や遊びで行く分には構わないのですが、住むとなるとストレスが多く、悪い影響を受けてしまう気がするのでなるべく避けたいと思っています。

 

将来子供を育てる上でも、コミュニティ感の強い、近所の人と仲良くなり助け合える、人とのつながりがきちんとある街に住みたいです。

 

いくら便利でも、犯罪が多かったり人とのつながりが薄いような場所では、安心して暮らせません。

 

治安が悪い所で怖い思いをしました

 

居住地にしたくない土地の特徴(一人暮らしの人対象)

 

治安が悪いところです。

 

私自身が大阪に住み10年強になりますが、住んでいる場所によっては怖い思いをしたこともあります。

 

お酒に泥酔した方に絡まれたり、ひときわ暗い夜道で痴漢に合ってしまったりという経験がありますので、それからはできるだけ大通りで人目に付きやすい場所に住むようにしています。

 

あとは繁華街の外れには住まないようにしています。

 

繁華街には大勢の人が集まりますが少し外れてしまうとあまり人が流れて来ません。

 

それを安全と思うかは別かと思います。

 

その理由は上記でも述べたようにお酒に泥酔した方が近くに大勢いることと人目があまりないことの2つのポイントが兼ね備えられているからです。

 

治安が良い所となると、家賃・引越し費用がかかってしまい、単身者にはきついとは思いますが安全はお金で買った方が良いと思います。

関連ページ

一人暮らしの女性に聞いた・住みたい街ベスト4
一人暮らしの引越し費用を極限まで安くしたい!そんな人におススメする究極の値下げ術をお届けします。